社員のための会社づくり そして、社員の家族のための会社づくり

“会社の一番の財産”である社員のために、力の限りを尽くして邁進していく。 「社員満足度100%への挑戦」は、 永遠のテーマです。

ドラッカーと僕・・・その1

「社員のための会社作り」

“会社の一番の財産”である社員のために、

力の限りを尽くして邁進していく。

「社員満足度100%への挑戦」は、永遠のテーマです。

って言い出したのは、6年前からなのだけど、

何もドラッカーに触発されたからではない。

僕も、もしドラを先日読んだ。

ドラッカーに関する書物は初めてだった。

ドラッカーは、「人こそ最大の資産」と言っているんですね。

これにはもちろん一緒の考え。

ただ、そういうことを本に出している人がいるとは思わなかった。

な〜んか、「社員のための会社作り」っていうタイトルは、

ドラッカーの本を読んだ人からは、

それは当たり前じゃん!って言われそうだ。

とはいっても、もちろん、弊社の理念なので、

今さら変えるつもりもない。

さらに、他社がそれほど「人こそ最大の資産」と思える

経営をしているとは考えてないし。

そういう会社があったらあったで当たり前のことだし、

すべての会社がそうなったら、それはそれで嬉しいし。

ドラッカーの本に書かれているマネジメントについては、

どういうわけか僕も知らず知らずにやっていることが多々あった。

だからこそ社員辞めずにいるのかもしれない。

でも、最初からそういうことを考えられたわけではない。

つづく・・・